車にかかる様々な税金

車を購入・維持するためにはどれくらいの費用がかかるものなんでしょうか?自動車税や重量税、ガソリン税など、車にどれくらいの税金がかかるのか詳しく解説しながら、保険やメンテナンスなどの維持費用についても紹介します。

車の購入・維持していくのに必要な税金について特集!

車にかかる税金

車を購入すると、購入時にも維持するのにも様々な税金がかかってしまいます。

車には、自動車取得税、消費税、自動車重量税、自動車税、燃料税といった複数の税金が課せられているため、車を購入すれば、こうした複数の税金を納めなければいけません。

車を購入するなら、車の購入・維持に必要な税金のことをしっかりと頭に入れて、どれくらい費用がかかるのか、前もって試算しておいた方が賢明でしょう。

車の購入時に必要な税金

車の購入時に必要な税金としては、消費税、自動車取得税、自動車重量税があります。

自動車取得税の税率は普通車が5%、軽自動車なら3%、そして今人気のハイブリッド車や電気自動車などのエコカーの場合は優遇措置があります。
中古車の場合は、残価率によって割り出された車の価値が50万以下なら非課税となります。

車を購入すると、自動車の重量に応じて課税される自動車重量税という税金もかかることになります。
新車購入時や車検の時に支払いますが、車検がまだ残っている中古車だと、車検時に重量税を払っているため、次の車検の時まで支払わなくてもOKです。

そして車購入時に必要な消費税もまた忘れてはいけない税金です。

車の維持に必要な税金&費用

車の維持にも税金は必要です。

毎年支払わなければいけない車の税金が自動車税で、自動車税は排気量によって税金の金額が決められています。

ガソリンを入れると、ガソリン代に燃料税や消費税が上乗せされているので、知らないうちにこうした税金も払っていることになります。

また車の維持には税金以外に、事故を起こした時の保障として保険の加入などの費用や、定期点検などのメンテナンス費用も必要になってきます。

Copyright © 車の購入・維持していくのに必要な税金について特集! All Rights Reserved.