自動車 グリーン税制

グリーン税制とは?

環境に優しいハイブリッドカーや電気自動車など、低燃費で排出ガスを低減する自動車を普及させるために、自動車税の税金を優遇するグリーン税制という減税措置がとられています。

グリーン税制の減税率は、車種や自動車の燃費基準値、排出ガス基準値によって違いますが最大50%の減税率が適用されています。

こうしたグリーン税制とエコカー減税によって、環境に優しいクリーンなエコカーがより注目を集めるようになりました。

対象となるのは?

自動車税が軽減される、グリーン税制の対象となる自動車は、乗用車や車両総重量が2.5トン以下のバスやトラックの場合、電気自動車、天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車、平成17年排ガス規制75%低減のハイブリッド車を含むガソリン車です。

車両総重量2.5トン超のバスやトラックの場合は、電気自動車、天然ガス自動車、プラグインハイブリッド自動車がグリーン税制の対象となります。

グリーン税制の軽減率は最大50%なので、対象の自動車を購入すれば、自動車税の負担をグッと減らすことができます。

グリーン税制対象の車を選ぶメリット

グリーン税制の対象となる自動車を所有した場合、自動車税も軽減されるため、グリーン税制の対象ではない自動車に比べて維持費に差が生じてきます。

グリーン税制の対象車はエコカー減税の対象車とも重なるため、自動車取得税や重量税など、他の税金の負担も軽減されるというメリットがあります。

さらに、グリーン税制の対象車は環境に優しく燃費のいい車なので、ガソリンの減りも遅く、燃料費の節約もできます。
消費税増税により、さらにガソリン税への二重課税の負担が増えるということになります。



PAGE TOP