自動車税

自動車税とは?

自動車税は、自動車を保有している人に課される税金で、自動車税と軽自動車税の2種類に区分されています。

自動車税の場合は都道府県が管理していて、軽自動車税は市町村が管理していることになります。
車を購入した翌月から支払い義務が生じ、4月から1年分を5月末までに納付することになっています。

自動車税の金額ですが、排気量によって税額が決められているため、いくらかかるのかは排気量によって違ってきます。

また自動車税が値上げするというような可能性も否定できないので、そういった情報は早めにキャッチして備えるようにしましょう。

滞納すると高い利息が付いてしまうので、滞納には気をつけましょう。

自動車税っていくら?

自動車税っていくらかかるものなんでしょうか?
自動車税の金額は排気量や、車が自家用か営業用かなどによって異なります。

例えば2001~2500ccの自家用車なら45,000円ですが、営業用の車だと同じ排気量でも13,800円と格安です。
軽自動車になると自家用車でも7,200円、営業用は5,500円ということなので、普通車とはかなり税額に差があります。

ただ軽自動車税が値上がりする可能性は大きくなってきているため、将来的には1000cc以下のライトバンの自動車税と変わらない金額になるかもしれませんね。

軽自動車税も自動車税も、滞納すれば最悪差し押さえを受ける場合もあるので、滞納には気を付けましょう。

滞納するとどうなる?

自動車税の金額は車種や排気量によって区分され、金額も排気量でいくらになるか決まってきますが、軽自動車については税額が安すぎるということで、値上げする方向で検討されているようですね。

でも家計が苦しくて自動車税を滞納してしまった場合、どのような処分がくだされるんでしょうか?

自動車税を滞納すると延滞金として金利が加算されるため、どんどん支払う税額が大きくなります。
さらにずっと支払えないままでいると、督促状が着て、督促状から10日で今度は差し押さえということになります。

自動車税が払えないほど生活が苦しい場合は、金利が増えて支払い義務の負担が増す前に、自動車を手放すことを検討した方が良さそうですね。



PAGE TOP